Chatwork と連結

ようこそ、Fileio へ!

Fileio だけでドキュメント管理をしていると、どうしてもコメントの返信忘れなどが起こりがちです。

本記事では、定番のチャットツールである、チャットワークと Fileio を結合させる使い方について解説します。

< 本記事で解説する内容 >

  • 新着ファイルやコメントを Chatwork でも表示できるようにする

1. Chatwork の Bot ユーザーを準備する

Fileio の代理として Chatwork にコメントを書き込む為のユーザーを準備します。

チャットワークのホームページ (http://www.chatwork.com/ja/) から、新規でユーザーを作成します

ユーザー名わかりやすいように 「Fileio ボット」などの名前にしてください

 


2. Chatwork API の利用申請をする

2016年6月現在、外部サイトから Chatwork を利用するには API Token と呼ばれるものを Chatwork 側で発行してもらう必要があります。

こちら (http://developer.chatwork.com/ja/) のページから利用申請を行います。

先ほどの 「Fileio ボット」 でログインした上で、申請を行ってください。

ch_01

 


3. API token を取得する

API 利用申請をすると、数日程度で API 利用開始案内のメールが届きます。

メールが届いたらチャットワークにログインして「動作設定」 -> 「API 発行」から自分の API Token を発行します。

動作設定を選択して
動作設定を選択して

 

ch_03
API 発行タブを選択する

API token が表示されたら、それをメモして大事に取っておきます。

 


4. Fileio と結合する

Token が取得できたら、いよいよ Fileio と結合します。

まず、コメントなどを Chatwork に飛ばしたいプロジェクトを選択します。

ch_04
プロジェクトを選択して

 

プロジェクトを新規作成、もしくは選択したらヘッダーにある結合管理ボタンをクリックします (結合管理ボタンはプロジェクトのオーナーにしか表示されません)

 

ch_05
結合管理ボタンをクリック

 

結合管理タブが表示されるので、チャットワークの「接続」をクリックします

ch_09

 

先ほどの API Token を入力して、メッセージを送信するルームを選択します

ch_06

 

自分が所属している Room の一覧が表示されるので、メッセージを送信したいルームを選択してください

ch_07

これで結合は完了です!

 


5. 送信するメッセージを設定する

Chatwork と結合されると、デフォルトでは以下のタイミングで Chatwork にメッセージが送信されます

・ファイルがアップロードされた時

・コメントが記載された時

 

また、サムネイルのリンクがチャットワーク送信されますので、後述のプラグインを使用するとチャットワーク側でファイルのサムネイルを見ることが出来ます。

 

挙動を編集するには、もう一度結合管理ボタンをクリックします。

ch_08

ファイルのアップロードチェックボックスを off にすると、ファイルのアップロード時にメッセージを送信しません。

同様に、コメントチェクボックスを off にすると、コメントを記載してもメッセージは送信されません。