slack_eyecatch

Slack と結合

本記事では、定番のチャットツールである、Slackと Fileio を結合させる使い方について解説します。

本記事で解説する内容

  • 新着ファイルやコメントを Slack でも表示できるようにする

Fileio での設定

まず、コメントなどを Slack に飛ばしたいプロジェクトを選択します

slack_1
プロジェクトを選択

 

プロジェクトを新規作成、もしくは選択したらヘッダーにある結合管理ボタンをクリックします (結合管理ボタンはプロジェクトのオーナーにしか表示されません)

slack_2
ヘッダーにある結合管理ボタンをクリック

 

結合管理タブが表示されるので、「Add to Slack」ボタンをクリックします

 

slack_3
Add to Slack をクリック

 

Slack ページに移動するので、まずチームを選択します

slack_4

 

チームを選択したら、メッセージを送信するチャンネルを選択します

slack_5

これで結合は完了です!


送信するメッセージを設定する

Slack と結合されると、デフォルトでは以下のタイミングで Slack にメッセージが送信されます

  • ファイルがアップロードされた時
  • コメントが記載された時

挙動を編集するには、もう一度結合管理ボタンをクリックします

slack_6

 

ファイルのアップロードチェックボックスを off にすると、ファイルのアップロード時にメッセージを送信しません
同様に、コメントチェクボックスを off にすると、コメントを記載してもメッセージは送信されません

slack_7

 

このような形で、サムネイル付きのメッセージを Fileio ボットがコメントしてくれるようになります


プライベートチャンネルにメッセージを送信する

slack のチャンネルがプライベートだった場合には、Fileio ボットをメンバーとしてチャンネルに追加する必要があります。

Slack のチャンネル設定画面から、Invite team members to join を選択してください

slack_8

 

FILEIO で検索を行い、ボットをメンバーに追加してください

slack_9

これで、プライベートチャンネルに、Fileio からメッセージを送信する事ができます。